• キーワードで知る、中央送電工事
  • 送電線ができるまで

キーワードで知る、中央送電工事

現場配属社員における、平均保有資格数です。
(※国家資格、技能講習、安衛法で定められた特別教育、民間資格を含む。/2014年7月現在)
社員ひとり一人が着実にステップアップしていけるよう、会社がバックアップ。資格取得に
むけて全面的に協力しています。

現場配属社員の平均年齢は37歳。(2014年7月現在) 全体の44%にあたる22名は、20代です。
若手社員が多いため、明るく活気あふれる職場。仕事やプライベートなど、なんでも相談しやすい環境です。

「そんな仕事があるなんて知らなかった」 社員が当社に採用された時に、親御さんから言われた言葉です。
たしかに、目立つ仕事ではありません。しかし社会にとっては絶対に無くてはならない存在。まさに、縁の下の力持ちです。見えないところから、多くの人の暮らしを支えているという誇りを持って仕事に向き合っています。

鉄塔の高さをご存知ですか?50m、100mといろんな高さのものがありますが、最大級のものはなんと149mにもなります。これは、マンションの階数に換算すると50階建て。私たちのメインフィールドは、この高さにあります。一方で、基礎工事では地下の作業も担います。地面から10~20m、時には40mも掘り下げて作業をすることも。上空と地下、どちらにも私たちの「現場」があります。

私たちが担う、東京電力管内の高圧送電線の電線の総延長数。これは、実に日本から北極点までの距離に相当します。
この15000kmにもわたる電線のメンテナンスをおこなうのも私たちの大事なミッションです。1年がかりの現場を同時にいくつも動かしながら、15000kmの電線を守り続けています。

ヘリコプターとダイナマイト

送電線建設工事において、よく使われる機材です。ヘリは、山間部などトラックが入れない現場へ資機材を運搬する際に不可欠。 ダイナマイトは、地盤が硬くて掘り下げられない時に岩盤層などを爆破するために使います。送電線工事に火薬の知識が必要だなんて、あまりご存知ないですよね。実に幅広い知識と専門技術が求められる仕事です。

PAGE TOP